サラパパ日記。サラリーマンの仕事、家事、育児について。

妻1人、子1人。仕事に追われてボロ雑巾状態になったアラサーサラリーマンが復活と、進化の日々を記すブログ。

実体験:共働きについて感じたこと。お金と家族の時間の大切さ。

いつもサラパパ日記へのアクセス
ありがとうございます。

 


読者登録が60名様を突破しました。
重ねてありがとうございます。

 

 


サラパパTwitterアカウントも
作りましたので
フォロー宜しくお願いします。

 

名前:サラパパ@ブログ初心者
https://mobile.twitter.com/SZuNmmNyH1WruQz

 

 

 

 


今日の目次

 

 

 

 

 

 

「今日のテーマ」

さて、今日のブログも
「夫婦共働き」
について書きます。

 


約半年前まで、
我が家は共働き家庭でした。

 

 

 

共働きの日々を振り返った昨日のブログ

romachanko.hatenablog.com

 

 

 

現在は妻が仕事を辞め専業主婦。

収入は私の給与のみです。

 

シングルインカム状態。

 

 

約5年前に結婚した時から
共働きでした。

 

 

そこから生活様式を変えた際は
夫婦で話し合いました。

 

 

その時に思ったことを書いていきます。

 

 

この問題に正解はないと思っているので
ただ自分が感じたことをつらつら書いていきます。

 

全部で3点書いていきます。

ではいきましょう。

 

 


1. 何のために働くんだろう?

これは、疲れ果てた時に思いました。

f:id:romachanko:20200625221043j:plain



 

妻も私も仕事、家事、育児で疲れ果てて
話をしていた時でした。

 

 

お互い家族のために働いているのに
働けば働くほど、家族で過ごす時間が無くなっていく。

 

 

家族3人揃うのは、平日は朝晩の数時間だけ。
数時間もなかったかもしれません。

 

 

土日は妻が仕事でしたし、
3人揃うのはたまにでした。

 

 

その日もゆっくり楽しめたという
記憶がありません。

 

 

 

子供に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

 

でもお金を稼ぐためには仕方ないのかなとか、
葛藤がありました。

f:id:romachanko:20200617211757j:plain

 

自分は何のために働いているんだろう

 

 

残業から帰ると疲れ果てた妻。
すでに眠ってしまっている息子。

当時、平日息子と顔を合わせていたのは
朝の数十分だと思います。

 

 

土日もサービス出社をしていたので
せっかくの土日に妻と息子にバイバイして
会社に向かうのは本当に後ろ髪引かれる思いでした。

 

 

自分の働き方は本当に
家族のためになっているのかと
何度も何度も何度も考えました。

f:id:romachanko:20200624213837j:plain

 

 


2. 子供から見た共働き

今、息子には辛い思いをさせるかもしれない
けど家族の将来のために頑張るんだ!

 

 

なんだかんだお金は大事。

 

 

息子も大きくなったらきっと分かってくれる。

 

 

そう思いながら自分の働き方を肯定していた
時期もありました。

 

 

働くお父さんは
そうやって自分を奮い立たせている方が多いと思います。

 

 

でもある日、ふと子ども目線で考えました。

f:id:romachanko:20200628163336j:plain

 

幼い子どもは仕事・お金・将来のことなんて
説明しても分かりません。

 

 

子どもにとっての幸せは家族そろった時間を過ごす事。
パパと遊ぶことだと思いました。

f:id:romachanko:20200628163424j:plain

 

少し極端な考え方をします。

 

 

当時の自分はめちゃくちゃに働いて
サラリーマンとしては
100点に近い働きっぷりだったと思います。

 

 

ですが、父親としては0点だったと思ってます。

 


これを周りに言うと
いやいや、家族のために働いて立派なパパじゃん
とフォローしてくれる方もいましたが

 

息子に寂しい思いをさせてしまっていました。

 

 

仕事とは言え、幼い息子との貴重な時間を
一緒に過ごせないのは父親としてダメだと思いました。

 

 

最終的に我が家は家族の時間優先で
共働きを辞めました。

 

 

以前に比べ収入面は不安ですが
落ち着いた時間が過ごせています。

 

 

共働きを続けていくためには明確なモチベーション
が必要かと思います。

 

 

 


3.お金と家族の時間のトレードオフ

色々な共働きのスタイルがあるかと思いますが
私はお金と家族の時間はトレードオフの関係に
あると思ってます。

f:id:romachanko:20200628163527j:plain

 

綺麗ごと抜きに、生きていくために
お金は必要です。

 

 

収入を増やそうとした時に起こること。
労働時間の増加。
伴う心身への負担の増加です。

 

 

 

これと同時に起きてしまうのが
家族で過ごす時間の減少です。

・残業で家に帰れない。
・休日出勤。
・平日の疲労の蓄積で土日に家族で遊びに行けない。
・最悪、体や精神を壊してしまって入院など。

 


家族の理解を得ながら将来に必要な
お金を稼いでいく。

 

 

家族と好きなだけ一緒にいることができて
一生安泰なお金が手元にある人なんて
そうそういませんよね。

 

 

だから、お金と家族の時間はトレードオフ
の関係にあるのではないかと思います。

 

 


時に家族を優先
時に仕事を優先してバランスを取りながら
両方と付き合っていく。

f:id:romachanko:20200628163552j:plain

 

本当に難しい事だと思います。

 

共働き家庭で頑張っている方達は
ホントに尊敬します。

 

 

 


「終わりに」

2日連続で「共働き」について書きました。

 

 

繰り返しますが
この議論は答えがないものだとと考えます。

 

 

それぞれの家族が信じた生活スタイルが
正解だと思います。

 

 

もしも、辛くなった時は我が家のように
家族会議で話し合ってみて下さい。

 

 

 


今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。