サラパパ日記。サラリーマンの仕事、家事、育児について。

妻1人、子1人。仕事に追われてボロ雑巾状態になったアラサーサラリーマンが復活と、進化の日々を記すブログ。

地獄の共働きの日々を振り返る。家事・育児・ワークライフバランスについて。

いつもサラパパ日記へのアクセス
ありがとうございます。

 


読者登録が60名様を突破しました。
重ねてありがとうございます。

 


サラパパTwitterアカウントも
作りましたので
フォロー宜しくお願いします。

 

名前:サラパパ@ブログ初心者
https://mobile.twitter.com/SZuNmmNyH1WruQz

 

 

 

 

 

 


今日の目次

 

 

 

 

「今日のテーマ」

さて、今日のブログは
「地獄の共働き」
について書きます。

f:id:romachanko:20200627211156j:plain


約半年前まで、
我が家は共働き家庭でした。

 

 

今振り返ると地獄のように
ハードな日々でした。

 

 

よくあんな生活やっていたなと
思います。

 

 

もちろん、共働きそのものを
地獄と言っている訳ではないです。

 

 

我が家は色んな状況が
重なって地獄になりました。

f:id:romachanko:20200627211329j:plain

 

これからお子さんが産まれる予定で
共働きをされる方は参考にしてみて下さい。

 

 

どんな感じだったか書いていきます。

 

 

 

 


平日

家事、育児の負担が妻にすべて
かかっていました。

f:id:romachanko:20200614202423j:plain

 

保育園の送り。

 

 

仕事が終わったら息子を保育園に迎えに行く。

 

帰ったらお風呂。

 

夕飯の支度。
(この頃、息子はまだ大人と同じものが
食べられなかったので、息子用の食事を別途用意)

 

 

息子に夕飯を食べさせる。

f:id:romachanko:20200621210201j:plain

 

息子の歯磨き。

 

 

息子の寝かしつけ。

 

 

いわゆるワンオペ家事・育児の
状態でした。

 


その頃、残業が終わった私が帰宅。

 

 

帰宅するといつも疲れ果てた
妻がそこにいました。

 

 

妻には申し訳ないと思いつつ
私は現在のブラック部署に異動したばかり

 

 

仕事に追われる毎日で
早く家に帰れず
申し訳なかったです。

f:id:romachanko:20200518205924j:plain

 

 

土日

私の妻は当時アパレル系の販売員でした。

 

 

週休2日ですが、土日休みではなく
シフト制で平日1日休み
土日どちらか1日休みといった感じでした。

 

 

ということで
土日どちらかは一人で私が息子をみていました。

f:id:romachanko:20200627211129j:plain

 

想像以上のしんどさでした。

 

 

一日があっという間でした。

 

 

休日なんですが、休日ではなかったです。

 

 

気力と体力どちらも消耗します。

 

 

でも、プラスに考えると
妻がいたら妻に甘えて家事育児を
あまりやらなかったかもしれません。

 

そういった意味では息子と
二人で過ごしたり、ワンオペ家事育児の
大変さを体感できたので貴重な経験でした。

 


そして、土日のもう一日は
会社に行ってサービス出勤してました。

 

 

ほんと今考えるとあり得ないですよ。

 

 

平日は毎日残業、12時間勤務当たり前。
土日も出勤して週6勤務。

f:id:romachanko:20200611204439j:plain

 

年間残業時間360時間超+土日のサービス出社。

 

 

地獄の日々でした。

 

 

 

 

 

夫婦で出した結論

 

ボロボロになった私たち夫婦は

話し合いました。

 

 

家族の時間がない。

 

 

家族全員毎日疲れ果てている。

 

 

そこまでして共働きを続ける必要があるのか
をよく考え。

 

 

最終的に妻が退職し今は専業主婦に
なりました。

 

 

当然、共働きに比べれば
収入面は下がりましたが
家族の時間は増えて
精神面、体力面の落ち着きは
手に入れられたかと思います。

f:id:romachanko:20200627211929j:plain

 

 

 

 


「終わりに」

この手の問題って正解は
ないと思ってます。

 

 

共働きで頑張っている家族の
方はホントすごいと思います。

 

 

ただ、心や体に負担をかけ過ぎないように
気を付けて欲しいです。

f:id:romachanko:20200627211810j:plain

 

うちは今日書いた通り
ぶっ壊れる寸前までいきましたから。

 

 

仕事、火事、育児の悩みは尽きませんが
頑張りましょう!

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき
ありがとうございました。